お問い合わせ

イッティージャパン株式会社

派遣先情報

イッティージャパンの外国人講師派遣概要 ~小学校編 枇杷島小学校~

2019.12.12

image0 (5).jpeg【小学校授業風景】

イッティージャパンでは、名古屋市立中学校・高等学校への派遣だけでなく、要請を受けて小学校にも英語指導助手(AET)を派遣しております。

今回は、名古屋市立枇杷島小学校の授業風景をご紹介いたします。

枇杷島小学校では、国際理解教育の推進を図るため、5・6年生の外国語活動で英語指導助手(AET)との協働授業を行っております。英語指導助手(AET)を派遣するのは今回が3回目で、児童たちも慣れた様子でした。

児童たちは、英語の時間になると、英語ルームで授業を受けます。壁一面には、天気や世界各地の国旗などが英語で掲示されており、教室に入ると英語のDVDが流れています。児童たちは、英語を口ずさみながら授業を待ちます。

この日のテーマは「シェルビー先生に自分の生活を紹介しよう」です。

授業は、先生やAETとの元気な挨拶から始まりました。その後、DVDに合わせて会話文の練習をしたり、ゲームを通じて、単語の理解を深めたりしていきます。

次は先生と1対1での対話です。ドキドキしながら、自分の順番を待っています。いざ英語を話してみると、話す前の緊張はほぐれ、しっかりアイコンタクトをしながら話すことができています。また、対話の中で、先生について初めて知ったこともあり、「え~!」と驚いたり、頷いたりと、リアクションを取りながら先生の話を聞くこともできています。対話を話し終えると、笑顔でハイタッチをし、「話してたら全然緊張しなかった~」、「よっしゃー!」と達成感を感じている児童たち。

シェルビー先生から、「Your self-introduction is very good! And your eye contact is nice! Good job!!」と褒められ、最後にはみんなで拍手をして、楽しんで授業を終えることができました。

2020年4月から教科となる「英語」の授業も始まるのが楽しみですね。

今後も積極的に英語でのコミュニケーションに取り組む「真の国際人」の育成に向け、子どもたちの成長をサポートして参ります。